健康なお肌に必要不可欠!常在菌について☆ その1

ブログ画像

皆様は普段から 「常在菌」 を気にしたスキンケアをしていらっしゃいますか?
どうしても 「菌」 と聞くと 不潔なもの という想像をしがちですが、人間のお肌を美しくするためにはお肌にいなくてはいけない常在菌のバランスを整えることが重要なのです!(^_^)/

まず、常在菌のバランスが崩れるとどのようなことになってしまうかというと・・・
○繰り返すニキビ・吹き出物 ○毛穴の詰まり ○乾燥肌、脂性肌 ○アトピー (痒み) ○お肌のターンオーバーの乱れ   などなど・・・。

どれもこれも起こしたくない肌トラブルばかりですね(T_T) ではなぜ常在菌のバランスが崩れてきてしまうのでしょうか??

例えば・・・

●洗いすぎ●
・・・常在菌は、人間がお風呂に入って身体を洗うことで95%近くも失われてしまう、と言われています。健康なお肌の持ち主なのであれば、15~20分ほどで常在菌を増やす環境を自分たちでつくることが出来ますが、この力が弱まっている方が多くなっているそうです(>_<)

●乾燥●
・・・常在菌は、汗や皮脂が少ないお肌では増殖することができないので、乾燥しているお肌が大の苦手です。そうすると本来弱酸性でありたいお肌はアルカリ性に傾いてしまい、肌の炎症を招いてしまう「黄色ブドウ球菌」などが増殖し、かゆみや湿疹になってしまいます・・・。

●運動不足・低体温●
・・・汗をかきにくく汗腺の機能が落ちている方は、いざ汗をかいたときにミネラル分の多いネバネバした汗をかいてしまいがちです。そうするとお肌はアルカリ性に傾いてしまい、前述したようにかゆみや湿疹につながっていきます。

いかがですか?当てはまる項目はありましたか?(+_+)
ちょっとした生活習慣の乱れやクセなどでお肌が不健康になってしまうのです・・・!

次回は、その常在菌を増やして健康なお肌を育てていくためにはどうすればいいのか、をご紹介していきますね♪


カテゴリー  ビューティー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です