オメガオイル? 食べるオイルのそれぞれの役割☆

ブログ画像
近頃、テレビの健康番組や健康食品の宣伝に刺激され、ドクター・ヴィーナスにいらっしゃるお客様も色々と実践されている方が多いです(*^_^*)
美容と健康は深くつながっているのでスタッフもより美意識が高くなります!☆

様々な健康食品などが出ている中、かなり注目度が高い 「食べるオイル」 。 オメガ○○ や えごま油が~~  などなど言われていますが、今日はその 「食べるオイル」 について簡単にご紹介いたします(^O^)

まず、「食べるオイル」 は大きく分けて2種類あります。 「飽和脂肪酸」 と 「不飽和脂肪酸」 です。

*飽和脂肪酸*
1、短鎖脂肪酸
・・・(例)酢、乳製品 。 腸内細菌のエサになり、腸内環境を整える役割がある
2、中鎖脂肪酸
・・・(例)ココナッツオイル、パームオイル 。 摂取すると効率的にエネルギー源になり、認知症予防効果も期待される。
3、長鎖脂肪酸
・・・(例)バター、ラード 。 体内でコレステロールの材料として使われてしまう。

そして前述の 3、長鎖脂肪酸 の中で 不飽和脂肪酸 として分類されるのが 「オメガ9」 「オメガ6」 「オメガ3」 なのです♪

+オメガ9+
・・・(例)オリーブオイル、キャノ―ラ油 。 高血圧・肥満などの成人病対策にピッタリ、食後血糖を抑える。
+オメガ6+
・・・(例)大豆油、コーン油、ごま油、鶏肉・卵 。 コレステロールを減少させるが、摂りすぎると善玉コレステロールを減少させてしまうので注意が必要。
+オメガ3+
・・・(例)えごま油、しその実油、魚、魚油 。 血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させ、善玉コレステロールを増加させる。お値段がやや高価だが、食品からしか採れない為、積極的に摂取した方が良い。

いかがですか? それぞれ役割が違うので、自分の体調に合わせて摂取するのがベストです☆
自分専用手作りドレッシングで、サラダはもちろん、魚料理やパスタソースとして活用していくのも良いですね(*^_^*)
上手に食べるオイルを取り入れて、だれにも負けない健康な身体を手に入れましょう!


カテゴリー  ビューティー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です